マヌカハニーはいつ食べるのが効果的?タイミングや摂取量の目安

マヌカハニーはいつ食べるのが効果的?タイミングや摂取量の目安

マヌカハニーはいつ食べるの

 

通常の蜂蜜よりずっと強力な抗菌力を持つことで評判になっているマヌカハニーですが、その効能を最大限発揮させるため、いつ食べるのが一番効果的なの?って部分は結構気になるところでしょう。

 

最初に言っておくと、本物とされるマヌカハニーは「マヌカの木」から採取できる天然の蜂蜜なので、特に用法や容量が定められているわけではなく、一般的な食品と同じように気軽に食べて良いものです。

 

ただ、マヌカハニーの抗菌成分に関しては、世界で多くの大学や、医療関係の研究機関が研究していて、様々な細菌への殺菌作用や抑制作用、抗炎症効果などが認められています。このため、健康目的で購入するが多いというのも事実です。

 

それを踏まえ、このページではマヌカハニーを食べる効果的なタイミングや、摂取量の目安についてまとめています。また、食べ方の参考例なども掲載していますので、そのあたりが気になっている方には何かしら参考になると思います。

 

 

本物のマヌカハニーは抗菌成分濃度が容器に記載されている

本物のマヌカハニー

 

本題に入る前に、マヌカハニーは粗悪品が多く出回っていることも有名なので、誰でも簡単に本物を見分けられる方法について紹介しておきます。まず、マヌカハニーはニュージーランドの「マヌカの木」から作られた蜂蜜で、天然メチルグリオキサールという強い抗菌成分を豊富に含んでいるのが特徴です。

 

オーストラリアにも同じ種類の植物が生息していて、同じ成分の蜂蜜が採取できることから、オーストラリアとニュージーランドの間では「マヌカ」の商標を巡る争いが起きているほど、「マヌカハニー」のブランド化が広がっています。

 

ただ、マヌカという言葉はニュージーランドに住むマオリ族の言葉であり、ニュージーランドには成分濃度に基づいた格付けシステムが確立されています。消費者が本物を見分けるための仕組みに於いてはニュージーランドがかなり先を行っている印象です。

 

この格付けシステムこそ、UHFやMGOといった数値単位であり、数値の高いものほど抗菌活性成分がたくさん含まれています。つまり、粗悪品を誤って購入しないためには、UHFもしくはMGOの表記があるものを選んでおけば、まず間違いありません。

 

健康維持、強い抗菌作用での健康増進など、マヌカハニーを食べる目的は色々あると思いますが、目的別の数値目安やUHFやMGOについてもっと詳しく知りたい場合は、抗菌力を示す規格|UMFとMGS、MGOをご覧になってみて下さい。

 

 

マヌカハニーはいつ食べるのが一番効果的なの?

 

結論から先に言うと、空腹時が一番効果的だと言われています。

 

イギリスの医療雑誌に掲載された論文でも、ピロリ菌抑制の効果が示され、胃腸疾患を改善させたという臨床実験でも、食前の空腹時に摂取するという方法が採用されているなどがその根拠として挙げられています。

 

食事の一時間前や寝る一時間前などを目安にすると、分かりやすいでしょう。

 

 

1日に食べる効果的な量の目安は?

 

最初にお伝えした通り、マヌカハニーには決まった用法や容量の定めがありません。つまり、販売店によっても専門家によってもある程度のバラツキが出てきます。

 

ただ、各販売メーカーや情報サイトなどで推奨している適量に大きく隔たりがあるわけでは無く、「ティースプーン一杯〜二杯を、1日一回〜三回」という程度の範囲で収まっていますので、この辺りが目安になると思います。

 

 

マヌカハニーのおすすめの食べ方と参考例

のおすすめの食べ方と参考例

 

マヌカハニーの召し上がり方で一番おすすめなのは、やはり空腹時にそのまま食べるのが良いと思いますが、生キャラメルの様な濃厚な食感と、独特の香りが苦手という人もいるみたいなので、その他の食べ方参考例をご紹介します。

 

マヌカハニーは強い抗菌活性成分でなく、ビタミンB群・ビタミンC・マグネシウム・リン・酵素といった栄養価も豊富な食材であり、ちょっとした甘味料としても使えるのが嬉しいところです。

 

特に抗菌成分は加熱調理をしても壊れることが無いため、様々な料理に応用できるところも長所だと言えるでしょう。

 

 

1、空腹時にそのまま

 

2、パンやホットケーキに乗せて食べる

 

3、ヨーグルトに混ぜる

 

4、紅茶やコーヒーに入れて飲む
※注意:マヌカハニーの殺菌成分は熱に強いので問題ありませんが、ビタミンなどの栄養素は60℃を超えると壊れていきますので、60℃以下に冷ましてからじっくり混ぜるようにしたほうが良いでしょう。)

 

 

まとめ

まとめ

 

特別な抗菌作用を持つマヌカハニーですが、食品には違いないため特に決まった適量が定められているわけではありません。しかし、病気予防や健康維持などといった目的で購入する人が多いので、その時には空腹時にスプーン1杯から2杯程度を日に1回から3回食するというのは、様々な研究が進められている食品なので、ある程度の目安にはなるとおもいます。

 

そのままの味が苦手であれば、ご紹介した食べ方を参考にしていただければ良いと思います。基本的には蜂蜜なので、他にも「はちみつ レシピ」などで検索してもらえば、様々なアイデアレシピが出てきますので、結構役に立ちます。また、病気予防などの健康目的でマヌカハニーを購入される場合は、偽物や粗悪品が出回っているので、UHF表記なら10+以上、MGO表記なら263+以上の抗菌活性成分が含まれる本物を購入されるようおすすめします。

 

ニュージーランド産の信頼できるメーカーだけを取り扱っている販売店についてピックアップしているページがありますので、是非そちらも合わせてご覧ください。粗悪品を買わされないための簡単な見分け方や、マヌカハニーを子供に与えてはいけない理由などについても解説していますので、何かとお役に立つページです。

 

こちらです。

▽ ▽ ▽

マヌカハニー おすすめ